ルーレット

10%法(テンパーセント法)は勝てない必勝法?

10%法(テンパーセント法)はカジノで使われる必勝法で、長期戦に向いている賭け方になります。

今回は10%法の賭け方や、メリット・デメリットなどについて解説をしていきます。

10%法(テンパーセント法)の賭け方

10%法(テンパーセント法)の賭け方はいたってシンプルで、常に資金の10%の額でベットをしていく賭け方になります。

例えば、100ドルスタートで5回勝負をした時のシミュレーションは以下のようになります。

1回目 2回目 3回目 4回目 5回目
資金 100 110 121 109 120
賭け金 10 11 12 11 12
勝敗

勝っても負けても、その時点の資金の10%で常にベットしていきます。

ベット額は基本的には四捨五入で計算します。

見て分かる通り、賭け方としてはとても簡単です。

10%法(テンパーセント法)のメリットとデメリット

メリット

資金の減りが緩やか

10%法では勝った時は賭け金が大きくなりますが、負けた時は逆に小さくなるので、負けても資金の減りが緩やかです。

一気に資金が減るという可能性は他の必勝法よりも低く、長期戦に向いています。

デメリット

連敗すると取り戻すのに時間がかかる

資金が減るのが緩やかで長期戦でプレイをすることができますが、実際に10%法で稼ごうとなると効率が悪い部分があります。

連勝を頻繫にできれば良いですが、連敗が多いと賭け金も下がってしまうため、その分取り戻す時間も長くかかってしまいます。

資金が減り、賭け金も下がってしまうと焦ってしまう人も出てくると思います。

連勝できないと利益が出ない

交互に勝ったり、負けたりと連勝が中々できなかったり、連敗が多いと利益を出すことは難しいです。

10%法は結果がイーブンになるような賭け方では効果が発揮できないので、利益を出すのには連勝が

安定してできるかがポイントとなる必勝法です。

 

-ルーレット

© 2020 ルーレットで1日1万稼げるのは本当?