バカラで負けないための資金管理術

バカラ負けない

想定以上のお金をバカラで溶かしてしまったという経験はありませんか?

バカラで負けてしまうのにはいくつか原因が考えられますが、最もよくある原因として資金管理ができていないというのがあります。

資金管理ができていないと湯水のようにお金を使ってしまい、気づいたら1円も残らないということもあります。

そうならないように、バカラの資金管理のやり方についてお伝えしていきます。

バカラの資金管理のやり方

ギャンブルで勝つためには資金管理が重要と言われますが、資金管理の仕方にはいくつもあります。

1.資金とベット額のバランスを調整する

まず、バカラで負けてしまう人でやってしまいがちなのが、資金に対してベット額を大きくし過ぎてしまうことです。

例えば、100ドルの資金でバカラをプレイするとして、1回のベット額を20ドルにしてしまうと、これは資金に対してベット額が大きすぎとなります。

全資金の20%を1回のゲームでベットしてしまうとかなりリスクが高いです。

特にバカラはバンカーかプレイヤーのどちらが勝つかの2択のゲームなので、予想がうまくいかなければ簡単に連敗をしてします。

全資金の20%でベットし続けていたら、すぐに資金は空になってしまうでしょう。

早く稼ぎたい気持ちは分かりますが、資金とベット額のバランスはしっかりと考えないといけません。

100ドルの資金であれば、5%以下の1~5ドルで初心者はベットすべきです。

既にコツを掴んでいてバカラの稼ぎ方を知っている人は、裁量で大きく勝負して良い場合もありますが、そうでないならベット額はできるだけ資金に対して小さくしましょう。

2.出金をして手元にできるだけお金を残さない

バカラで負けないようにするためには、出金をするというのも大事なことです。

ある程度勝てて資金が増えてくると、人というのは気持ちが大きくなったり、余裕というのが生まれてしまうものです。

そのため、気が緩んでいつも以上に大きく賭けてしまったり、負けた時に取り返そうと手持ちの資金をほとんどつぎ込んでしまうということが起きがちです。

つまり、暴走状態になるということですね。

それを防ぐために、ある程度資金が増えたらその都度出金をして、手元にできるだけお金を残さないようにしましょう。

手持ちの資金を元に戻すことで、また緊張感が生まれて慎重にプレイをすることができます。

3.ベットの仕方を見直す

ベットの仕方が自分に合っていないと、資金はあっという間に溶けてしまいます。

特にパーレー法やマーチンゲールといったシステムベットをバカラで使っている人で負けている人はベットの仕方を見直してみるべきです。

システムベットはベット額が大きくなっていくため、人によっては精神的負担がかなり大きいです。

そのため、ベット額が大きくなっていくと耐えられずに熱くなってしまって、資金を溶かしてしまうということも多々あります。

システムベットは決して誰もが必ず勝てる必勝法というわけではないですので、経験やある程度の判断スキルというのが必要です。

システムベットで資金を溶かしまくっている人は一度ベットの仕方自体を見直してみる方がいいでしょう。

 

タイトルとURLをコピーしました