バカラで負ける人は損切りができないのが原因!?

カジノのバカラで負けてしまう人の原因はいくつかあると思うんですが、代表的な原因として「損切りができない」というのがあります。

 

損切りができてないから全く稼げないという人も多いですね。

 

今回はバカラで稼ぐためにも必要な損切りがなぜ重要なのかや、損切りができるようになるための対策を解説していきます。

なぜバカラでは損切りが重要なのか?

損切りなんてしなくてもバカラは勝てる!!という人もいると思いますが、バカラのプロ・玄人以外の人は損切りは取り入れた方がいいです。

 

なぜ損切りが重要なのかというと、「大負けをしないため」です。

 

カジノのようなギャンブルで勝つためにはお金のコントロールがとても大事です。

 

プロギャンブラーなんかは勝負する時は勝負しますが、計算以上の負けは基本的にはしないように気を付けている人が多いです。

 

バカラをやっていて一番冷静さを失いやすいのが負けた時で、お金が減った時には取り戻したい気持ちが生まれますよね。

 

損切りができる人は、想定内の負けを認めて潔く撤退することができますが、できない人は更にお金を注ぎ込みます。

 

そうすると、例えば1万円の負けで済んだのに、損切りせずに続けて最終的に3万円の負けとなってしまうといったことがあります。

 

こういった経験ある人は多いんじゃないでしょうか?

熱くなったらバカラは負ける

負けてる時って、自分でも気づかないうちにかなり熱くなってしまいます。

 

それは負ける額が大きいほど増幅し、歯止めが利かなくなります。

 

そうならないためにも、損切りの額をあらかじめ決めておいて、1日の損失が決めた額に達したら機械的に損切りをしてバカラをやめるようにした方がいいです。

損切りができない人のための対策方法

熱くなって損切りができないからバカラで負けることが多いという自覚がある人もいると思います。

 

でも、頭で分かっていても中々損切りで思うようにできないという方は多いと思います。

 

そこで、損切りができあに人はどうしたら良いのか対策方法をいくつか挙げてみます。

余裕がもてる損切り額にする

損失が大きくなればなるほど、気持ちに余裕がなくなり余計に損切りができなくなってきます。

 

損切りラインを高めに設定している人は、熱くなりづらい額まで下げた方がいいです。

 

これくらいなら負けても大丈夫、問題ないというような余裕が持てる額を損切りラインとしましょう。

 

そうすることで、損切りを潔くできるようになりやすいです。

ベット額を小さくする

1回のベットサイズが大きいほど利益を伸ばしやすいですが、逆に損失も大きくなりやすいです。

 

ベット額が自分のメンタル的に合っておらず、大きすぎるという人は損切りができなくなりがちです

損切りがどうしてもできないという方は、一度ベット額を小さくしてみて徐々に上げていくのが良いかもしれません。

トータルで勝つことを学ぶ

損切りができない人は、どうしても負けたくないという考えが強くなってしまう人だと思います。

1日の負けも嫌だ!となってしまっては、損切りなんてできないでしょう。

 

バカラはトータルで勝てればそれで良いので、負けた日があっても開き直れるように、トータルで勝つことを理解し意識するようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました