ブラックジャック

ブラックジャックのインシュランスのやり方と使うべきタイミング

52枚のカードを使い、ディーラーと1対1で争われるブラックジャック。

しっかりとした戦略を駆使してゲームに挑むことで、より多くの勝利金を手にすることが出来ます。

 

決して運だけでは勝つことが出来ない、常に数学的な頭脳が必要とされるゲームといえます。

そんな魅力的なブラックジャックには、勝利を掴むためのオプションが数多く存在します。

 

Insurance(インシュランス)というオプションもそのひとつです。

この記事では、Insurance(インシュランス)について詳しく説明していきたいと思います。

 

最後までしっかりと読んで、より多くの勝利金を掴んでください。

ブラックジャックのInsurance(インシュランス)とは?

Insurance(インシュランス)、これは要するに保険をかけるという意味です。

ディーラーの1枚目のカードがAだった場合のみ利用することが可能なオプションです。

 

保険金として賭け金の半額を追加することで、もしもディーラーがNatural Black Jack(ナチュラルブラックジャック)だった場合の損失を無効にすることが出来るんです。

何だか便利なオプションのように思われますが、使い方を間違えると更に自己資金を減らしてしまうこともあるので注意が必要です。

 

それでは具体的にInsurance(インシュランス)の使い方やメリット、デメリットなどについて説明していきたいと思います。

インシュランスのやり方

ディーラーのUp Card(アップカード)がAであったとします。

 

ここで考えなければならないのが、ディーラーの隠されているもう1枚のカードの存在です。

もしもその隠されている1枚が10、もしくは絵札であれば、ディーラーのNatural Black Jack(ナチュラルブラックジャック)が成立してしまいます。

 

ブラックジャックのカードの出現率は以下のようになっています。

• A:7.7%
• 2:7.7%
• 3:7.7%
• 4:7.7%
• 5:7.7%
• 6:7.7%
• 7:7.7%
• 8:7.7%
• 9:7.7%
• 10(J、Q、K):30.8%

ご覧のように、10(J、Q、K)を引く確率が30.8%と、他に比べて圧倒的に高いんです。

 

ディーラーのUp Card(アップカード)がAだったということは、かなりの確率でNatural Black Jack(ナチュラルブラックジャック)が成立してしまうと考えなければなりません。

 

そして実際にディーラーが10(J、Q、K)を引き当ててしまった場合、プレイヤーはカードの合計数字が21でない限り、最初の賭け金をすべて没収されてしまいます。

そういった不利な状況に陥った場合に有効なのがInsurance(インシュランス)なんです。

 

Insurance(インシュランス)を利用することで、ディーラーがNatural Black Jack(ナチュラルブラックジャック)を引き当てたことによる賭け金の没収を回避することが出来ます。

要するにディーラーがNatural Black Jack(ナチュラルブラックジャック)を引き当てると予測して、それに対して最初に賭けた金額の半分を賭けるということなんです。

 

実際にディーラーがNatural Black Jack(ナチュラルブラックジャック)を引き当てた場合は予想が当たったということになるので、賭け金の3倍が支払われます。

Insurance(インシュランス)は最初に賭けた金額の半分なので、その3倍ということはそのゲームで賭けたすべての賭け金を回収出来るという訳です。

 

勝利金を手にすることは出来ませんが、結果的にプラスマイナス0となり、自己資金の減少を防ぐことが出来ます。

実際に考えられるインシュランスの5つのパターン

Insurance(インシュランス)を行なうことでプラスマイナス0となると聞くと、とても優れたオプションに思えますよね?

 

でも実際はそれほど簡単なものではないんです。

 

例えば$10を賭けたゲームでInsurance(インシュランス)を行なったとします。

そしてディーラーが10(J、Q、K)を引き当てることが出来なかった場合、最初に賭けた$10とInsurance(インシュランス)の$5、合計$15が没収されてしまいます。

 

Insurance(インシュランス)を行なうタイミングをしっかりと知っていないと逆に大損してしまうことになりかねません。

 

実際に考えられる5つのパターンで、Insurance(インシュランス)の有効性を見ていきたいと思います。

パターン①

• Insurance(インシュランス)的中
• ゲームで負ける

 

ディーラーがNatural Black Jack(ナチュラルブラックジャック)を引き、プレイヤーのカードの合計が20以下だった場合。

この場合、ゲームに賭けた$10は没収されますが、Insurance(インシュランス)は的中しているので$5の3倍の$15が戻ります。

 

(Insuranceの損益+$10)+(ゲームの損益-$10)=$0

このパターンではプラスマイナス0となります。

 

利益は出ませんが、このパターンがInsurance(インシュランス)の本来の目的に一番近いといえます。

パターン②

• Insurance(インシュランス)外れ
• ゲームで勝利

 

ディーラーがNatural Black Jack(ナチュラルブラックジャック)を引くことが出来ず、プレイヤーのカードの合計がディーラーのカードを上回った場合。

 

この場合、ゲームに賭けた$10に対する配当は2倍なので$20の勝利金を獲得。

ただしInsurance(インシュランス)を外しているので$5は没収となります。

 

(Insuranceの損益-$5)+(ゲームの損益+$10)=+$5

このパターンではプラス$5となります。

 

利益は出ていますが、結果的にInsurance(インシュランス)をやらなければ良かったというパターンです。

パターン③

• Insurance(インシュランス)外れ
• ゲームで負ける

 

ディーラーがNatural Black Jack(ナチュラルブラックジャック)を引くことが出来ず、更にプレイヤーのカードの合計がディーラーのカードを下回った場合。

 

この場合、ゲームに賭けた$10は没収され、Insurance(インシュランス)を外しているので$5も没収となります。

ただしInsurance(インシュランス)を外しているので、$5は没収となります。

 

(Insuranceの損益-$5)+(ゲームの損益-$10)=-$15

このパターンではマイナス$15となります。

 

このパターンが一番最悪です。

 

Insurance(インシュランス)を行なうことで更に損失を増やしてしまいます。

パターン④

• Insurance(インシュランス)外れ
• ゲームで勝利

 

このパターンはプレイヤーがNatural Black Jack(ナチュラルブラックジャック)の状態でInsurance(インシュランス)を宣言した場合となります。

ディーラーがNatural Black Jack(ナチュラルブラックジャック)を引くことが出来なかったので$5は没収。

 

ただしプレイヤーにはゲームの2.5倍の勝利金$25が支払われます。

(Insuranceの損益-$5)+(ゲームの損益+$15)=+$10

 

このパターンではプラス$10となります。

 

この場合、Insurance(インシュランス)を行わなければ$15の利益を出すことが出来たので、成功とはいえません。

パターン⑤

• Insurance(インシュランス)的中
• ゲームで引き分け

 

このパターンもプレイヤーがNatural Black Jack(ナチュラルブラックジャック)の状態でInsurance(インシュランス)を宣言した場合となります。

ディーラーがNatural Black Jack(ナチュラルブラックジャック)を引いたのでInsurance(インシュランス)は的中。

 

$5の3倍の$15が戻ります。

ゲームは引き分けとなり、最初に賭けた$10はそのまま戻って来ます。

 

(Insuranceの損益+$10)+(ゲームの損益+$0)=+$10

 

このパターンではプラス$10となります。

 

この場合、Insurance(インシュランス)を行わなければプラスマイナス0だったので、一応成功したといえます。

Insurance(インシュランス)は使うべき?

上の5パターンを見ても、有効なのかどうなのか良く分からないのではないでしょうか。

実際、このInsurance(インシュランス)に関しては否定的な意見もたくさん聞かれます。

 

もちろんブラックジャックは確率的な要素を多く含むゲームなので、絶対ということはありません。

1ゲームで見るのではなく、10ゲーム、100ゲームと全体の流れを読んだ上で活用すれば、結果につながる可能性は大いにあると思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

勝利を掴むためのオプション、Insurance(インシュランス)ですが、使い方を間違えると逆に大損という可能性も否定出来ません。

 

確率、ゲームの流れ、そして運、不確定要素が多すぎるので非常に扱いが難しいと感じた方も多いはずです。

 

非常に扱いの難しいオプションなのですが、逆に使いこなせるようになったときこそ大きな勝利金を掴めるのかもしれません。

-ブラックジャック

© 2020 ルーレットで1日1万稼げるのは本当?