オンラインカジノのジャックポットとは?誰でも一攫千金を狙える?

オンラインカジノをやっていると「ジャックポット」という言葉を見かけることが多いと思いますが、どういったものなのか気になる人もいますよね。

そこで、ここではジャックポットとはどういったものなのか解説をしていきたいと思います。

ジャックポットとは

ジャックポット(jackpot)とは「大当たり」という意味で、スロットなどで大当たりして多額の賞金を手にすることを指します。

数十万~数億円の大当たりが出ることがオンラインカジノではあり、正にカジノの醍醐味と言える当たれば夢のようなものです。

特に人気なのが、ジャックポットが出るスロットです。

パイザカジノでプレイしていた人で、100円のベットで1億7787万円のジャックポットを当てたという人もいます。

また、ベラジョンカジノでも800万円以上を超えるジャックポットをスロットで当てたという方もいます。

このようなジャックポットが当たることは他人事ではなく、誰にでも一攫千金を狙える可能性というのはあります。

日本人プレイヤーでもジャックポットを当てている人は多くいるので、確率は低いですが全くの夢物語ではない話です。

ジャックポットが出るスロットの仕組み

なぜ、100円のベットで億単位といった高額賞金をスロットで獲得できるのかというと、プレイヤーがベットしたお金の一部が積み立てられていく仕組みにあります。

世界中のプレイヤーによって積み立てられていったお金は莫大なものとなっていき、ジャックポットを引き当てた人がその積み立てられていったお金を総取りしていきます。

そのため、少ないベット額でも数百万円~数億円の賞金を獲得することができる宝くじのような仕組みとなっています。

 

 

タイトルとURLをコピーしました