マーチンゲール法とは?

オンラインカジノの必勝法などを調べていると、マーチンゲール法というのをよく

目にするかと思います。

 

マーチンゲール法とは一体どんな賭け方なのでしょうか?

 

マーチンゲール法とは

 

 

マーチンゲール法は赤黒賭けなど、1/2の確率で配当が2倍の賭け方によく使われる有名な投資法です。

 

どういった投資法かと言うと、負けたらベット額を倍にするのを繰り返し、勝つまでベット額を倍々にすることで1回の勝ちで負けた分を取り戻すという方法です。

 

理論上は絶対に負けない方法とも言われており、マーチンゲール法を使ってギャンブルで稼ごうとする方はかなり多いです。

 

 

1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 6回目 7回目 8回目
負ける確率 50%

 

25% 12.5%

 

6.25%

 

3.13%

 

1.56%

 

0.78%

 

0.39%

 

賭け金 100 200 400 800 1600 3200 6400 12800
累計賭け金 100 300 700 1500 3100 6300 12700 25500
利益 100 100 100 100 100 100 100 100

 

※金額は円単位

 

表を見ると分かるように、ベットする度に負ける確率は低くなっていき、ベット額を倍々にしてベットし続ければどこかで必ず勝って、利益を出せる理論になっています。

 

高い確率で利益が出る賭け方で、100円の利益をコツコツ積み重ねていくような投資法です。

 

マーチーンゲール法のデメリット

 

 

マーチンゲール法なら誰でも稼げそうですが、そう簡単な話ではありません。

 

確率論で言えば、いくら負ける確率が低いといっても、何回もベットしていれば必ずどこかで普通に10連敗くらいはします。

 

永遠にベット額を倍々にしてベットをし続けるといっても、ルーレットはベット額の上限があり、カジノによりますが大体最高50万円までしかベットできないです。

 

そのため、確実に勝つにはかなりの資金力が必要になるので、勝つまで永遠にベットし続けるのは無理があります。

 

しかも、何万円という額をベットしてやっと勝てたとしても、利益は100円なのでリスクとリターンが見合わない賭け方になります。

 

負ける度にベット額が倍々になっていくわけなので、精神的負担もかなり大きいものとなります。

 

人によっては負けが続くと焦って違う賭け方をして、そもそもマーチンゲール法が成り立たないということもあります。

 

つまり、マーチンゲール法はハイリスク・ローリターンな賭け方になります。

 

まとまった資金も必要になってくるので、ルーレット初心者はやめておいた方がいい投資法ですね。

タイトルとURLをコピーしました