ルーレット

パーレー法(逆マーチンゲール)では勝てない理由とは?

パーレー法は逆マーチンゲール法とも呼ばれ、マーチンゲール法よりも攻めた賭け方をするシステムベットです。

有名な必勝法の1つですが、パーレー法では勝てないという人も多いです。

 

今回は、なぜパーレー法では勝てないのかやパーレー法のメリットとデメリットについて書いていきます。

 

パーレー法の賭け方

パーレー法はどういった戦略の手法なのか、賭け方をまず解説します。

マーチンゲール法では、連敗する度に賭け金を倍々にする賭け方でしたが、パーレー法は連勝する度に賭け金を倍々にする方法です。

 

こういった賭け方から逆マーチンゲール法とも呼ばれます。

 

1回目 2回目 3回目 4回目 5回目
賭け金 1 2 4 8 16
累計賭け金 1 3 7 15 31
利益 1 3 7 15 31

※単位はドル

 

このように連勝する度に賭け金を倍にしていくので、連勝をうまく重ねることができれば、短期間で大きな利益を獲得できるのがメリットです。

 

パーレー法で勝てない理由

パーレー法は連勝をすることが前提の手法なので、そもそも連勝をできる力がないとパーレー法で利益を得ることは難しいです。

 

赤黒賭けやハイアンドローといった1/2のゲームでパーレー法を使った時に、2連勝、3連勝を頻繫にできる人は少ないです。

 

5連勝したら1回目に戻るというサイクルに決めてやったとしても、5連勝までいける確率は低いです。

 

パーレー法を使っていても、連敗をよくしたり、勝ったり負けたりとトントンになることが多い人は、パーレー法は向いていません。

 

ツラを読むことがうまく、短期間で連勝を重ねて撤退することがうまい人はパーレー法でも利益を出すことができるでしょう。

 

しかし、ツラを読んで連勝をコンスタントに重ねることはほとんどの人が難しいことなので、パーレー法で勝てない人は多いと思います。

 

 

-ルーレット

© 2020 ルーレットで1日1万稼げるのは本当?