ルーレット

勝率81%のWストリート5ベット法で高確率で勝つ方法

ルーレットの必勝法で勝率81%と高い確率で勝つことができる「Wストリート5ベット法」というのがあります。

高い確率で勝つことができると言っても、デメリットも存在します。

今回は、Wストリート5ベット法の賭け方やメリット・デメリットについて解説をしていきます。

Wストリート5ベット法の賭け方

Wストリート5ベット法の賭け方は簡単で、ダブルストリートベットで5箇所に賭ける賭け方になります。

ダブルストリートベットとは縦2列の合計6個の数字にベットする賭け方です。

Wストリート5ベット法の例を見てみましょう。

 

例1

 

 

 

 

 

 

 

Wストリート5ベット法では、このように縦2列の間にチップを5枚置いて賭けます。

そうすると、37個の数字のうち30個の数字をカバーして賭けることになります。

上の例の場合、「0」「31」「32」「33」「34」「35」「36」以外の数字にベットしていることになります。

Wストリート5ベット法でカバーしている数字にボールが入れば1ドルの利益、外れたら5ドルの損失となります。

合計5ドルでベットして勝っても1ドルの利益としかならないので、コツコツと勝って増やすタイプの手法です。

 

例2

 

 

 

 

 

 

 

上の画像の例の場合、「0」「25」「26」「27」「28」「29」「30」の7つの数字以外をカバーして賭けている状態です。

このように、Wストリート5ベット法では自分の好きな5箇所にダブルストリートベットをしてベットします。

Wストリート5ベット法の勝率

Wストリート5ベット法は合計30個の数字にベットする形になるので、勝率はヨーロピアンルーレットでは30/37=81%、アメリカンルーレットでは30/38=79%となります。

10回のうち8回は勝てる計算の賭け方になります。

Wストリート5ベット法のメリットとデメリット

メリット

勝率81%と高い勝率なので、他の必勝法よりも負けることが少ないです。

資金の減りが遅いため、長くプレイすることができます。

頻繫に負ける賭け方が嫌で高い勝率でコツコツと勝ちたい方には向いていると言えます。

デメリット

Wストリート5ベット法は勝率が81%といっても、負けが多いと一気に利益がなくなる賭け方でもあります。

例えば、5連勝して5ドル増えたとしても、6回目で負けてしまえば5連勝分の利益は全てなくなってしまいます。

つまり、どれだけ長く連勝できるかがWストリート5ベット法で勝つための重要なポイントとなってきます。

高い勝率でも万能な必勝法ではないので注意が必要です。

-ルーレット

© 2020 ルーレットで1日1万稼げるのは本当?